• 会社情報
  • PR事業
  • IR事業
  • 採用情報
  • ほそおもて・三四郎の部屋

PR会社ウインダムのトップページ  >  ほそおもて・三四郎の部屋  >  商品企画はお任せ  >  本格麦焼酎「せぬひま」

ほそおもて・三四郎の部屋
盛旬の盃
落語会(寄席)の企画・運営
商品企画はお任せ
−企画商品一覧

−小判煎餅
「これでよしなに」


−姓名判断

−日本の心を知る
日本酒シリーズ


−本格麦焼酎
「せぬひま」


−竹久夢二の
カレンダー「夢二暦」


−高田かねこの
「押し花絵」
燕来軒の部屋
旬のダジャレ
リンク集

本格麦焼酎「せぬひま」

本格麦焼酎「せぬひま」の写真

本格麦焼酎「せぬひま」
720ml 1543円(税込)

日本人だけが持つ「せぬひま」という世界に誇れる感性をとじこめた深い味わいのある「本格麦焼酎」が誕生しました

本格麦焼酎「せぬひま」新発売!
製造元:笹一酒造株式会社

拝金主義、個人主義、格差社会・・・そして、結果としての放射能・・こんな生き方でよかったのか・・と、日本人皆が思い始めた。震災は自分たち日本人の持っている美意識を気付かせ、日本人の本来の姿というものをもう一度見つめ直す契機になったと思われます。日本人のもっとも優れた精神の核は、和の心・武士道精神にあると言われています。

では、日本人の優れた感性の核は何なのかを考えた時、
日本人の持つ世界に誇れる、最高の感性は「せぬひま」であると気付きました。

<せぬひま>とは

日本の文化・芸能は「無と間の文化」であり
「何もない事を豊か」と感じる・・これが「せぬひま」である
「せぬひま」は日本人だけが持つ世界に誇れる優れた感性です
・自然と自分を一体化させた「俳句」の感性
・「書」の何も書いてない空間の大きな存在感
・白砂の中に大小十五個の石が配置されているだけの枯山水「竜安寺の石庭」
・庭の全ての花を切り取り、ただ一輪の朝顔だけを秀吉に見せた「千利休の感性」
・日本建築に於ける「床の間・縁側」
・障子を閉め、僅かな四角のガラス窓から愛でる京都「雲竜院の紅葉」
・「落語」や「講談」に於ける絶妙な「言葉の間」
・「能」「狂言」に於ける「動と静とその間」
このような日本人の優れた感性を世阿弥は「花鏡」の中で
「せぬひま」と表現している

今、私たちは「自分が日本人である」を再認識して、根本的に生き方を見つめ直す時です。
笹一酒造株式会社は日本の心を知るお酒として、本格麦焼酎「せぬひま」を新発売。
麦焼酎「せぬひま」720ml 1543円(税込)

天災にあっても
天を呪わず、他を思いやる日本人
この世界にも稀な
輝くような精神と感性を持った国に生まれた事を感謝する

笹一の秘伝の製法に、日本人だけが持つ
「せぬひま」の感性を閉じ込め
深い味わいの「麦焼酎」を仕立て上げました

大震災で未だに心が折れそうな毎日。「日本人の強い精神と優れた感性」を再認識しながら日本の心を知るお酒を飲む。そんな日常を取り返したいのです。本格麦焼酎「せぬひま」の写真