• 会社情報
  • PR事業
  • IR事業
  • 採用情報
  • ほそおもて・三四郎の部屋

PR会社ウインダムのトップページ  >  PR事業  >  展覧会PR  >  ただいまPR中の展覧会  >  FACE展2017 損保ジャパン日本興亜美術賞展

PR事業
PRとは
サービスメニュー
−リリース配信システム
展覧会PR
−ただいまPR中
    の展覧会


−事例(展覧会PR)

−実績一覧
    (展覧会PR)
イベントPR
−ただいまPR中のイベント、他

−事例(イベントPR)

−実績一覧
    (イベントPR)

ただいまPR中の展覧会、イベント、商品

FACE展2017 損保ジャパン日本興亜美術賞展

損保ジャパン日本興亜美術財団の公益財団法人への移行を機に創設した本展は、今回で5回目を迎え、新進作家の動向を反映する公募コンクールとして定着しつつあります。

「年齢・所属を問わず、真に力がある作品」を公募したところ、全国各地から、幅広い年齢層の902名の新進作家たちからご応募を頂きました。作家たちの思いが込められた応募作品の審査は長時間を要しました。四次の「入選審査」と二次の「賞審査」を経て、国際的に通用する可能性を秘めた、入選作品71点(うち受賞作品9点)を決定いたしました。

不確かな社会情勢の中、創作活動には困難を伴いますが、今回の応募作品には、時代の感覚を捉えた、きらりと輝くものが数多くありました。油彩、アクリル、水彩、岩絵具、版画、ミクストメディアなど技法やモチーフは多岐にわたりますが、見る者の心に潤いと感動をもたらしてくれることは共通しています。

会期中、観覧者投票による「オーディエンス賞」の選出を行います。グランプリ受賞作品は当館で所蔵(副賞金による買上)し、次回の本展開催時に展示します。また、本展にてグランプリ、優秀賞を受賞された4名の作家には、3年毎に開催予定の12名グループ展に出品していただきます。

 

【 会期 】 2017年2月25日(土)〜3月30日(木)

【 会場 】 東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館(東京都新宿区西新宿1-26-1)

【 主催 】 東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館、読売新聞社

【 Webサイト 】 東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館公式サイト