• 会社情報
  • PR事業
  • IR事業
  • 採用情報
  • ほそおもて・三四郎の部屋

PR会社ウインダムのトップページ  >  PR事業  >  展覧会PR  >  ただいまPR中の展覧会  >  シャルル=フランソワ・ドービニー展

PR事業
PRとは
サービスメニュー
−リリース配信システム
展覧会PR
−ただいまPR中
    の展覧会


−事例(展覧会PR)

−実績一覧
    (展覧会PR)
イベントPR
−ただいまPR中のイベント、他

−事例(イベントPR)

−実績一覧
    (イベントPR)

ただいまPR中の展覧会、イベント、商品

シャルル=フランソワ・ドービニー展

19世紀フランスを代表する風景画家シャルル=フランソワ・ドービニー(1817〜1878)の国内初の本格的な展覧会です。刻々と変化する水辺の情景を素早いタッチで描いたドービニーは、印象派の画家たちの指針となり、クロード・モネやフィンセント・ファン・ゴッホなど、次世代の画家たちに大きな影響をあたえました。

本展覧会では初期から晩年まで、ドービニーによる作品約60点、ならびにカミーユ・コロー、ギュスターヴ・クールベ、オノレ・ドーミエ、息子のカールといったドービニー周辺の画家たちによる作品約20点を展示します。フランスのランス美術館を中心に、国内外各地の美術館・個人が所蔵する作品で構成される展覧会です。

 

【 会期 】 2019年4月20日(土)〜6月30日(日)

【 会場 】 東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館(東京都新宿区西新宿1-26-1)

【 主催 】 東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館、読売新聞社

【 Webサイト 】 東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館公式サイト