• 会社情報
  • PR事業
  • IR事業
  • 採用情報
  • ほそおもて・三四郎の部屋

PR会社ウインダムのトップページ  >  PR事業  >  展覧会PR  >  ただいまPR中の展覧会  >  SOMPO美術館開館記念展

PR事業
PRとは
サービスメニュー
−リリース配信システム
展覧会PR
−ただいまPR中
    の展覧会


−事例(展覧会PR)

−実績一覧
    (展覧会PR)
イベントPR
−ただいまPR中のイベント、他

−事例(イベントPR)

−実績一覧
    (イベントPR)

ただいまPR中の展覧会、イベント、商品

SOMPO美術館開館記念展

この街には 《ひまわり》がある。 2020年5月28日、 SOMPO美術館が誕生します。

「世界で最も忙しい駅」としてギネス世界記録®に認定された新宿駅。世界中の人々がひしめくこの街に、ゴッホの《ひまわり》はあります。日本初の高層階美術館として、1976年に開館。長きにわたり多くのお客さまに親しまれた「東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館」は、「SOMPO美術館」に生まれ変わります。

やわらかな曲線の建築デザイン。一つひとつの作品とじっくり向き合える展示空間。SOMPO美術館は新宿のアートランドマークとして、多様な芸術・文化を発信してまいります。

2020年の新美術館のオープンにあわせて、収蔵品による「開館記念展T・U」を開催します。

ゴッホの《ひまわり》の常設展示のほか、春と夏の2期で大幅に展示内容を入れ替え、ゴーギャンなどによるフランス近代絵画、当館にゆかりのある画家東郷青児の作品と関連資料、日本美術界の重要な画家や若手作家による作品をご紹介します。

「開館記念展T」では、当館のマークが象徴する「美術がもたらす心の自由を大切にする」というコンセプトを切り口に、見る人に非日常的な感性への気づきを促す作品約70点を展示します。 美術がもたらす自由で多彩な喜びを感じていただければ幸いです。

「開館記念展U」では、当館が収蔵する「東郷青児コレクション」の中から、東郷の代表的な絵画、 彫刻、版画などの作品約50点、関連作家の作品約50点、そして絵筆やイーゼル等の画材や出版印刷物、展覧会の案内状や書簡など、未公開品を含む資料約100点をご紹介します。

 

【開館記念展T 珠玉のコレクション−いのちの輝き・つくる喜び】

【 会期 】 2020年5月28日(木)〜7月5日(日)

【 会場 】 東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館
        ※2020年4月1日より「SOMPO美術館」に改名
        (東京都新宿区西新宿1-26-1)

【 主催 】 東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館、読売新聞社



【開館記念展U 秘蔵の東郷青児−多才な画家の創作活動に迫る】

【 会期 】 2020年7月18日(土)〜9月4日(金)

【 会場 】 東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館
        ※2020年4月1日より「SOMPO美術館」に改名
        (東京都新宿区西新宿1-26-1)

【 主催 】 東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館、読売新聞社



【 Webサイト 】 SOMPO美術館公式サイト