• 会社情報
  • PR事業
  • IR事業
  • 採用情報
  • ほそおもて・三四郎の部屋

PR会社ウインダムのトップページ  >  PR事業  >  展覧会PR  >  ただいまPR中の展覧会  >  上野の森美術館所蔵作品展「なんでもない日ばんざい!」

PR事業
PRとは
サービスメニュー
−リリース配信システム
展覧会PR
−ただいまPR中
    の展覧会


−事例(展覧会PR)

−実績一覧
    (展覧会PR)
イベントPR
−ただいまPR中のイベント、他

−事例(イベントPR)

−実績一覧
    (イベントPR)

ただいまPR中の展覧会、イベント、商品

上野の森美術館所蔵作品展「なんでもない日ばんざい!」

今年2月に日本でも本格化した新型コロナウィルスの感染問題により、私たちの意識や社会が根本から変わりつつあります。その後の緊急事態宣言下では、それまで考えてもいなかった行動制限ーーできるだけ人と距離をとること、会わないこと、集まらないこと、外出や遠出をしないことが求められ、家で過ごす時間が長くなり、だれもがいままで当たり前と思っていた日常生活をみつめ直すことになりました。

当館では1983年からこれまで38回開催してきた上野の森美術館大賞展の受賞作品を多数所蔵しています。今回、このなかから 「なんでもない、どこにでもある日常」 をテーマに、いま、こういう時期だからこそ見てみたいと思う作品を約80点選びました。明るく楽しい気持ちにさせてくれるもの、おだやかな日常の情景、いつも変わらずそこにある街や自然、そして身近な人や風景からユニークな想像や思索を巡らせたものなどをグループにして構成しています。

会場には、同じく所蔵作品から、版画家・野田哲也が家族や日常の断片を日々記録した〈日記〉シリーズのうち約20点、そして秋山さやかが上野公園を題材に制作した作品を展示します。アーティストがごく身近な日常に向けた素朴で素直なまなざしのなかに、いまの私たちの心に響くたいせつなものを見出せるのではないでしょうか。

 

【 会期 】 2020年7月23日(木・祝)〜8月30日(日)

【 会場 】 上野の森美術館(〒110-0007 東京都台東区上野公園1-2)

【 主催 】 日本美術協会 上野の森美術館、フジテレビジョン

【 Webサイト 】上野の森美術館 公式サイト