• 会社情報
  • PR事業
  • IR事業
  • 採用情報
  • ほそおもて・三四郎の部屋

PR会社ウインダムのトップページ  >  PR事業  >  展覧会PR  >  ただいまPR中の展覧会  >  企画展「いきものがたり 〜十二支になったいきものと、なれなかった猫たち〜」

PR事業
PRとは
サービスメニュー
−リリース配信システム
展覧会PR
−ただいまPR中
    の展覧会


−事例(展覧会PR)

−実績一覧
    (展覧会PR)
イベントPR
−ただいまPR中のイベント、他

−事例(イベントPR)

−実績一覧
    (イベントPR)

ただいまPR中の展覧会、イベント、商品

企画展「いきものがたり 〜十二支になったいきものと、なれなかった猫たち〜」

ネズミから始まりイノシシで終わる十二支は、月日や時間を知るために定められ、その起源は古代中国にさかのぼるとされています。十二支にいきものが当てはめられた理由については様々な説がありますが、日本では自分の十二支を知らない人はいないと言えるほど浸透しており、多くの人々に愛され、多くの芸術家たちの題材となり、絵画や工芸作品に表現されてきました。

本展覧会では、江戸時代初期の画家・狩野探幽の巨大な「雲龍図」、前田青邨筆「宇治川の先陣争い」の馬をはじめ、十二支に選ばれた「いきもの」たちの作品を展示します。同時に、長沢芦雪筆「猫と仔犬図」、歌川広重筆「美人と猫図」など猫を描いた絵画をはじめとして、十二支に選ばれなかった「いきもの」たちの作品も展示します。また、川合玉堂筆「鵜飼図」など嵐山の周辺に生息する「いきもの」も併せて紹介します。

 

【 会期 】 2020年8月1日(土)〜 10月11日(日)

【 会場 】 嵯峨嵐山文華館(〒616-8385 京都市右京区嵯峨天竜寺芒ノ馬場町11)

【 運営 】 公益財団法人小倉百人一首文化財団

【 Webサイト 】嵯峨嵐山文華館 公式サイト