• 会社情報
  • PR事業
  • IR事業
  • 採用情報
  • ほそおもて・三四郎の部屋

PR会社ウインダムのトップページ  >  PR事業  >  展覧会PR  >  ただいまPR中の展覧会  >  「クールベと海展 −フランス近代 自然へのまなざし」

PR事業
PRとは
サービスメニュー
−リリース配信システム
展覧会PR
−ただいまPR中
    の展覧会


−事例(展覧会PR)

−実績一覧
    (展覧会PR)
イベントPR
−ただいまPR中のイベント、他

−事例(イベントPR)

−実績一覧
    (イベントPR)

ただいまPR中の展覧会、イベント、商品

「クールベと海展 −フランス近代 自然へのまなざし」

19世紀フランスを代表するレアリスム(写実主義)の巨匠ギュスターヴ・クールベ(1819-1877)。クールベが描いた海をテーマに、同時代の画家たちが描いた風景画も展観する本展は、とりわけクールベが1860年代以降に集中的に取り組んだ「波」連作を中心に紹介し、レアリスムの巨匠が捉えた海景画の同時代性と特異性に迫ります。

クールベは、現実を理想化して表現するそれまでの絵画を否定し、目の前の世界をあるがままに描くこと、既存の政治や美術制度に敵対的な態度を表明してきました。一方でクールベは、故郷フランシュ=コンテ地方の切り立った山や森、そこに息づく動物たち、フランス北部のノルマンディー地方の海など、厳しい自然の姿を繰り返し描いています。

スイス国境近くの山々に囲まれた小さな町オルナンに生まれたクールベが、初めて海を目にしたのは22歳の時。うねる波、どこまでも続く水平線に圧倒され、特に1860年代以降、好んでその情景を描き、当時の人々から賛辞を得ました。波のみに肉薄したクールベの作品には、それまでの時代に描かれた物語性や感傷性に富む海とも、後の世代が描いた海水浴や浜辺での社交の情景を描いた身近な海とも、異なる視点で海が捉えられています。

本展では、クールベの海の絵画を中心として、故郷を描いた風景画や狩猟画、またモネやブーダンなど他の画家たちによる海を描いた作品を含む約60点を展観し、海、そして自然へのまなざしが大きく変わる時代にこの近代絵画の革新者がどのように自然と対峙したかを探ります。

 

【 会期 】 2021年4月10日(土)〜6月13日(日)

【 会場 】 パナソニック汐留美術館(東京都港区東新橋1-5-1)

【 主催 】 パナソニック汐留美術館、読売新聞社、美術館連絡協議会

【 一般お問い合わせ 】 03-5541-8600(NTTハローダイヤル)

【 Webサイト 】 パナソニック汐留美術館