top of page

無知の玉手箱
~知らないから始まるマーケティング~

【PRコラム】PRの観点から見る投資セミナー広告の議論

先日、前澤友作さんや堀江貴文さんが自民党にSNSのなりすまし広告の規制を求めたというニュースがありました。



この話を聞いて、私のFacebookにも岸博幸さんの投資セミナーの広告が掲載されていたことを思い出しました。広告に対するコメント欄には「LINEに登録する」というコメントがたくさんあり、驚きました。

 

有名人の影響力はすごいと改めて感じましたが、この広告ついて私の思ったことをお話ししようと思います。


PRの観点から考えると、有名人が広告を出す必要はないかもしれません。彼らのフォロワーが多いので、広告を出さなくてもSNSで情報は広まるでしょう。また、有名人がイベントを主催する場合、必ずスポンサーがつくのが一般的です。有名人が自ら広告費用を負担する必要はありません。投資セミナーが本当にあるのであれば、金融機関や金融ファンドなどがスポンサーになって自社の商品を買ってもらうために開催するのが一般的だからです。

 

さらに、私のFacebookにあった岸さんの広告は、社会貢献の一環として病気になったことをきっかけに知識を共有するという内容でした。もし有名人がボランティアでイベントをするなら、メディアが取り上げる可能性が高いです。その方が多くの人に知られるでしょう。

 

つまり、このような投資セミナーをSNS広告で知らせる必要性は低いと考えます。PR的な視点があれば、こういう広告に騙されることはないのではないでしょうか?


誤解しないでほしいのですが、こういう広告を見たときにまずは私の話を思い出して冷静に考えていただきたいと思っているだけで、騙された人が悪いというつもりは全くありません。


なので、前澤さんや堀江さんのように政府が広告を規制すべきだという主張には同意します。大手ITメディアが違法な広告を見せないようにすることは、詐欺を防ぎ、情報弱者を守るために重要だと思っております。

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

【PRコラム】わからないのは私の問題?

別に自慢するつもりはないのですが、私は物事を理解しやすく説明するのが得意な方で、何かについて聞かれたらとりあえずそれなりに対応できる方だと思っています。 特にPCの操作に関しては、職場でも頼りにされることが多いです。もちろん、丁寧に説明することを心がけていますが、忙しい時に何度も同じことを聞かれると、ついぶっきらぼうに受け答えしてしまうこともあります。 ITスキルに関して、若ければ若いほど得意な人

【PRコラム】健康食品のPRは難しい?

最近、紅麹のサプリメントが引き起こした健康被害について、様々なメディアで報道されています。健康を守りたいというのは誰もが思うことで、健康食品やサプリメントなどの需要は今後も減ることはないでしょう。 私の会社でもこのような健康食品のPR相談を受けることがありますが、とても難易度の高いPR活動となります。なぜなら、健康食品は広告の掲載基準が厳しいからです。健康食品は広告の掲載基準が厳しく、医療的な効果

【PRコラム】Yahoo!ニュースに載せるには?

私がPRの仕事を始めた21世紀初頭は、テレビが最も影響力のある媒体でした。でも今は違います。インターネットの時代が進み、WEBニュースも力を増してきています。 最近、PRの相談でよく聞くのが「Yahoo!ニュースに載せてほしい」という話です。でも実は、Yahoo!Japanには独自の取材部署がありません。したがって、プレスリリースを送る先が存在しません。Yahoo!ニュースでは、他のweb情報サイ

Opmerkingen


著者・橘川徳生 プロフィール

中央大学経済学部を卒業。大学時代は、落語研究会に所属するほどの話好き(うるさいというのが周りの評価?)。座右の銘は「無知の知」。大学卒業後、電力会社や生命保険会社での勤務を経て、1990年ウインダムに入社。過去の様々な業務経験を活かして、PR業務に携わる。

落語研究会で養った自由な発想をもとに、様々なPRやマーケティング企画を立案し。業務を通して蓄積した広範な業務知識をベースに、独自のPRコンサルティングが好評を得ている。趣味はランニングと読書。本から新たな知識を見つけたり、ランニング中にアイデアを思い浮かべる。

bottom of page