top of page

無知の玉手箱
~知らないから始まるマーケティング~

【第1回】PRって何?~知られていないことを知ってもらうってこと?~

更新日:4月4日

「PR」という言葉はよく聞くけれど、実際にそれが何を意味するのか、説明できるだろうか?弊社のウェブサイトでは、PRとはPublic Relations(パブリック・リレーションズ)の略称で、組織とその周囲の人間(個人やグループ、社会)との良好な関係を築くための考え方や行動だと定義されています。


しかし、実際のマーケティングコミュニケーションでは、新聞やテレビ、雑誌、SNSなどのメディアを通じて活動内容を紹介してもらうことが一般的です。このような活動をパブリシティ活動と呼びます。


ただ、これだけではPRの実態がイメージしにくいかもしれませんね。私が考えるPRとは、「知られていないことに気づいてもらうための活動」と言えるかもしれません。


多くの人が知っていることは、もはやPRの対象外だと思うかもしれません。でも、実際にはまだ知らないこともあるし、工夫次第でPRのチャンスは広がります。


また、PRの手法はメディアでの紹介だけではありません。他にもいろいろな方法があります。このブログでは、私のPRの経験をもとに、PRについてわかりやすく説明していきます。自社に合ったPRの方法を見つけて、売り上げアップなどに貢献できれば幸いです。

閲覧数:36回0件のコメント

最新記事

すべて表示

【第5回】PR戦略を考える際の重要ポイント①:何をPRするか?

前回では、PR戦略を考える上で「What(何を)」、「Who(誰に)」、「Why(なぜ)」を考慮する必要があるとお話ししました。 今回は、「What(何を)」に焦点を当ててみたいと思います。 「What(何を)」と言われると、自社の製品やサービスを指すと当たり前に思われるかもしれません。しかし、PRの目的は「知られていないことに気づいてもらう」ことです。つまり、製品やサービスの中でまだ知られていな

【第4回】PR戦略を考えるポイントは何?

知られていないことをPRするには、どんな点を考慮すれば良いのでしょうか? 私は、PRを展開する際には5W1Hを考えることが重要だと考えています。ただし、文章を書くための5W1Hとは少し異なります。 When(いつ)→ PRを実施するタイミングを考えます。 Where(どこで)→ PRをどの媒体で行うかを検討します。例えば、テレビなどのメディア露出やSNSメディアでの拡散などが挙げられます。 Who

Comments


著者・橘川徳生 プロフィール

中央大学経済学部を卒業。大学時代は、落語研究会に所属するほどの話好き(うるさいというのが周りの評価?)。座右の銘は「無知の知」。大学卒業後、電力会社や生命保険会社での勤務を経て、1990年ウインダムに入社。過去の様々な業務経験を活かして、PR業務に携わる。

落語研究会で養った自由な発想をもとに、様々なPRやマーケティング企画を立案し。業務を通して蓄積した広範な業務知識をベースに、独自のPRコンサルティングが好評を得ている。趣味はランニングと読書。本から新たな知識を見つけたり、ランニング中にアイデアを思い浮かべる。

bottom of page