top of page

無知の玉手箱
~知らないから始まるマーケティング~

【PRコラム】Yahoo!ニュースに載せるには?

私がPRの仕事を始めた21世紀初頭は、テレビが最も影響力のある媒体でした。でも今は違います。インターネットの時代が進み、WEBニュースも力を増してきています。


最近、PRの相談でよく聞くのが「Yahoo!ニュースに載せてほしい」という話です。でも実は、Yahoo!Japanには独自の取材部署がありません。したがって、プレスリリースを送る先が存在しません。Yahoo!ニュースでは、他のweb情報サイトから寄せられた情報を使っているわけです。


その情報を使っているWebサイトは、こちらに一覧化されています。


だから、Yahoo!ニュースに載せたいなら、まずはそのWebサイトに記事を載せてもらう必要があるのです。ですから、わたしたちがPRをお手伝いする際も、その転載元のWebサイトに取り上げてもらう活動をするしかありません。なんともまどろっこしいのですが、これが現実です(苦笑)。


ただ、そのWebサイトで記事が掲載されたからといっても、必ずしもYahoo!ニュースにその記事が転載されるとは限りません。どのような基準で選ばれるのか、外部には明らかにされていないのです。ですがおそらくYahoo!Japanユーザーの興味を引く内容が選ばれているはずです。


運良くYahoo!Japanのトップページに記事の見出しが載れば、爆発的にページビューが伸び、それが企業や団体の絶大なPRにつながるケースもあります。ただ、やはりトップページに採用される基準も明らかにされていません。恐らく、アクセス数などが関係あるのではないかと思われますが……。


また、トップページに表示されている期間は一瞬です。「Yahooで紹介されたよ」と知り合いに教えたくなったら、すぐにスクリーンショットを撮っておいてください。でないと、次に見たときにはもう見出しのリンクが別のものに変わってしまっていることもあるからです。


Yahoo!ニュースのトップページに掲載された実績は、PR会社にも大きな成果ですが、その反面、様々な方面に連絡したり、事実確認を行ったりと忙しくなることもあります。


だから、PRを依頼する際は、Yahoo!ニュースのトップページに掲載されることを最終目的とするのではなく、あくまで通常の広報活動が充実させることに心血を注いだほうが良いでしょう。PRが順調に推移した結果、運良くYahoo!ニュースでも取り上げられたら最高ですね。

 

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

【PRコラム】わからないのは私の問題?

別に自慢するつもりはないのですが、私は物事を理解しやすく説明するのが得意な方で、何かについて聞かれたらとりあえずそれなりに対応できる方だと思っています。 特にPCの操作に関しては、職場でも頼りにされることが多いです。もちろん、丁寧に説明することを心がけていますが、忙しい時に何度も同じことを聞かれると、ついぶっきらぼうに受け答えしてしまうこともあります。 ITスキルに関して、若ければ若いほど得意な人

【PRコラム】健康食品のPRは難しい?

最近、紅麹のサプリメントが引き起こした健康被害について、様々なメディアで報道されています。健康を守りたいというのは誰もが思うことで、健康食品やサプリメントなどの需要は今後も減ることはないでしょう。 私の会社でもこのような健康食品のPR相談を受けることがありますが、とても難易度の高いPR活動となります。なぜなら、健康食品は広告の掲載基準が厳しいからです。健康食品は広告の掲載基準が厳しく、医療的な効果

【PRコラム】笑点の新メンバー選出について考える

日曜日夕方の国民的番組「笑点」で林家木久扇師匠が番組を卒業されました。「笑点」に出演する落語家は、一躍全国区の知名度を得ることができます。そのため、新メンバーの選定については、厳しいかん口令が敷かれるため、知り合いの噺家に聞いても知らないことがあります。 私は大学で落語研究会に所属していたこともあり、周囲からも「誰になるんだろう?」と聞かれることもありました。私も、もちろん新メンバーが誰になるのか

Comments


著者・橘川徳生 プロフィール

中央大学経済学部を卒業。大学時代は、落語研究会に所属するほどの話好き(うるさいというのが周りの評価?)。座右の銘は「無知の知」。大学卒業後、電力会社や生命保険会社での勤務を経て、1990年ウインダムに入社。過去の様々な業務経験を活かして、PR業務に携わる。

落語研究会で養った自由な発想をもとに、様々なPRやマーケティング企画を立案し。業務を通して蓄積した広範な業務知識をベースに、独自のPRコンサルティングが好評を得ている。趣味はランニングと読書。本から新たな知識を見つけたり、ランニング中にアイデアを思い浮かべる。

bottom of page